みずほ銀行に対するイメージ

みずほ銀行に対するイメージについては、たくさんのことを思い浮かべますが、まずは日本を代表する都銀の1つであるということです。

今日に至るまでに、銀行は合併を繰り返してきましたが、みずほ銀行はその中でも日本を代表する都銀であることに間違いはありません。都銀であるがゆえに、みずほ銀行のATMは比較的に見つけやすいというイメージもあります。

従って、銀行に口座を開設しておくのであれば、みずほ銀行に口座開設しておけばまず心配なしという面もあるかと思います。次にみずほ銀行と言えば、カラーはブルーであることをすぐにイメージできます。

スカイブルーではなく、深い青色であることが定着されていますのですぐにイメージできて、街中でこの色をみるとみずほ銀行の支店やATMであることが容易に発見できます。

日本には数多くの銀行がありますが、残念ながらみずほ銀行の預金金利は低いというイメージもあります。なので預金を預けようと思う銀行ではないというイメージがあります。

都銀はいずれの銀行も同じかと思いますが、それはみずほ銀行も同じというイメージがやはりあるかと思います。前述において銀行の合併について記述しましたが、みずほ銀行は2つの銀行が1つになってできた銀行というイメージはありません。

実際のところ、みずほ銀行は3つの銀行が合併してできたものでした。当時の富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3つが合併してみずほ銀行が設立されました。このときにシステム障害が発生したイメージもみずほ銀行では大きいです。

ニュースでは大きく取り上げられ、残念ながらシステム的な面からすると、みずほ銀行には少し不安感があるのというのもぬぐえないものがあると思います。